会社概要

私達は自然に密着したサービス業であり、事業活動を通じて全世界のお客様に美しい白馬の自然を提供し、安らぎと感動をお持ち帰り頂くことをモットーにしています。

事業者名 白馬観光開発株式会社  HAKUBA RESORT DEVELOPMENT Co.,Ltd.
代表者 代表取締役社長 髙梨 光
事業所
本店所在地 〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城6329-1
TEL:0261-72-3150 / FAX:0261-72-4742
本社事務所 〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城12111
TEL:0261-72-3150 / FAX:0261-72-4742
八方営業所 〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城4258
TEL:0261-72-3280 / FAX:0261-72-5598
岩岳営業所 〒399-9301 長野県北安曇郡白馬村大字北城12056
TEL:0261-72-2474 / FAX:0261-72-3541
栂池営業所 〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村大字千国乙12840-1
TEL:0261-83-2255 / FAX:0261-83-2002
設立 昭和 33 年 07 月 04 日
資本金 100,000,000円
主要株主 日本スキー場開発株式会社
北野建設株式会社
主な事業内容 スキー場一般(索道事業・飲食業)
索道施設 32 基
食堂施設 8 店舗
従業員数 正社員 85 名
契約社員 50 名
季節従業員(夏) 25名 (冬) 340名
関連子会社 栂池ゴンドラリフト株式会社
株式会社岩岳リゾート
信越索道メンテナンス株式会社

平成25年12月1日現在

索道安全報告書

お客様へ当社の索道事業に対して、日頃のご利用とご理解、誠に有難うございます。
当社は、経営理念の第ーに安全の確保を掲げ、法令の遵守とともに安全輸送に努めております。皆さまが当社に寄せる「信頼」の源泉は「安全」と「安心」であるということを常に認識し日々地道に努力しております。
鉄道事業法に基づき、輸送の安全確保のための取り組みや安全の実態について、自ら振り返るとともに広くご理解いただくために索道安全報告書を公表いたします。
皆さまからの声を輸送の安全に役立てたく、積極的なご意見を頂戴できれば幸いです。


索道安全報告書(.pdf アクロバットリーダーが必要です。)

白馬観光開発株式会社 2016度版

●八方尾根スキー場
八方尾根ゴンドラリフト・アルペンクワッドリフト・兎平ペアリフト・パノラマペアリフト・白樺第1ペアリフト・白樺第2ペアリフト・白樺第3ペアリフト・八方セントラルペアリフト
●白馬岩岳スノーフィールド
ゴンドラ「ノア」・中央高速・3線ノース・4線イースト・日影リフト・沢リフト・かも4・5線サウス・6線・かも1・らいペア・パラダイストリプル・ラインリフト(ラインリフトB線 休止中)
●栂池高原スキー場
からまつ高速ペアリフト・白樺クワッドリフト・ハンの木第1クワッドリフト・ハンの木第2ペアリフト・ハンの木第3クワッドリフト・ハンの木第4リフト・ハンの木高速ペアリフト・つが第2ペアリフト
(※ぶなリフト・しゃくなげリフトは休止中)
栂池ゴンドラリフト株式会社 2016年度版

●栂池高原スキー場
栂池ゴンドラリフト・つが第1ペアリフト・栂池ロープウェイ
株式会社岩岳リゾート 2016度版

●白馬岩岳スノーフィールド
ビュー1・ビュー2

八方尾根・白馬岩岳・栂池高原スキー場
白馬観光開発株式会社
栂池ゴンドラリフト株式会社
株式会社岩岳リゾート
代表取締役社長 髙梨 光

環境への取り組み

環境への取り組み

【環境理念】私達は、自然に密着したサービス業であり、事業活動を通じて、全世界のお客様に美しい白馬の自然を提供し、安らぎと感動をお持ち帰り頂く事をモットーにしています。
この為に私達は、地元自治体及び地域住民との連携を密にし、自らの自然保護活動、省エネルギー、ゴミ対策などを通じて白馬地域の環境保全に務めます。


環境方針

1.自然環境への負荷低減を積極的に推進する。

2.資源とエネルギーの有効利用に努め、省エネルギー化を図る。

3.環境関係の法令や協定などを遵守する。

4.廃棄物やゴミの分別により、リサイクル活動を推進する。

5.食品廃棄物の発生を抑制し、リサイクル化に努める。

6.指定化学物質の使用を控える。

7.従業員一人ひとりに対して、環境問題の重要性に関する意識向上を図る。

8.お客様と地域の方々と共に、自然と調和し、自然を守る活動に取り組む。

9.グリーン購入を積極的に進める。

制定日:平成16年3月1日 改定日:平成28年5月10日

環境活動:計画・目標

当社は、次の目標を掲げて、環境活動に取り組んできました。


1.二酸化炭素排出量削減

2.ゴミの問題
分別収集を拡大し、リサイクルの拡大に努める。

3.教育の実施
従業員はもとより、お客様にも自然保護などの保全への理解を高めるための啓蒙活動を実施。

4.環境関係の法令や協定などを遵守

5.自然保護ボランティア活動への協力

自然保護保全等へのボランティア活動に、従業員が積極的に参加する環境作りを行う。

その他の取り組み

次に示すような委員会・研究会に参画し、自然環境について研究・取り組みをしています。


1.栂池自然園保全委員会
各関係省庁長野県事務所、及び小谷村等の行政機関や北アルプス遭対協・栂池観光委員会などと協力し、利用者の安全対策や自然環境の保全等あらゆる観点から検討、実行しています。

2.八方尾根自然環境保全協議会への協力
八方尾根自然研究路の清掃、遊歩道整備事業へのボランティア、自然環境保護(グリーンパトロール)など維持・管理及び植生復元を含む協力をこの協議会を通じて行っています。
3.お客様への周知、啓蒙

ゴミの分別・持ち帰り、外来種持ち込み禁止、動植物の採取厳禁などについて、掲示、記載告知などによりお客様への周知と協力依頼を続けています。

キャップ貯金箱推進活動

~蒼い地球をのこすため、一人ひとりができること~
当社では「キャップ貯金箱推進ネットワーク」の理念・活動に賛同し、 2009年2月より白馬八方尾根スキー場・白馬岩岳スキー場・栂池高原スキー場にてペットボトルの「キャップ貯金箱」を設置、世界の子どもたちにワクチンや医療物資等の必要なものを贈らせていただくお手伝いをさせていただいています。

  • キャップ貯金箱について(PDF)


  • 回収状況報告書2011.4(PDF)


  • キャップ貯金箱推進ネットワークホームページ

  • キャップ貯金箱設置場所

    会場設置場所
    白馬八方尾根スキー場・八方尾根ゴンドラリフト「アダム」八方駅・うさぎ平テラス
    白馬岩岳スノーフィールド・ゴンドラ山麓駅・ホワイトプラザ
    栂池高原スキー場・栂の湯売店・ゴンドラリフト「イヴ」高原駅
    ワクチンなどを届けることで世界の子供たちに夢を、子供たちや人々が「環境」や「世界」へ目を向けられるきっかけづくりに。
    みなさまの御協力を賜りますようお願い申し上げます。

                    
    エコアクション21

    当社は、環境省の策定するエコアクション21「環境への取組を効果的・効率的に行うシステムを構築・運用・維持し、環境への目標を持ち、行動し、結果を取りまとめ、評価し、公表するための環境省が策定したガイドライン」へ認証・登録(認証・登録番号0000075)しています。

    →エコアクション21について

    ●2015年度環境活動レポート【対象期間:2015年4月から2016年3月】レポートPDF